たちうの釣り日記

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

完全試合

Posted by tachiu on   0 comments   0 trackback

3/22

2月にすでに決めていた、この週の釣り。
過去の経験からカレイにはベストの時期だろうと考えての決定だ。


ポイントは決めてある。
夏に通ったチヌポイントだ。
地形や条件を重ねると確実にカレイは居る!
だからこその釣行なのだ。

到着は9時過ぎ。
しかし駐車車両が多く、車が駐めれない・・・
カキ船も近くを通り、状況が悪い・・・
足下を覗くとクサフグの群れが・・・

ここは諦めよう。

近くにもう一つ候補があったが駐禁等の看板が目立ち、こちらも諦める事に。

さあ、戻ろう。

Sポイントへ向かう。
到着して釣り場を確認。人は居ない。この護岸に釣り人は皆無。
反対側の角ポイントも無人だったので、そちらへ入る。
この角は過去に2回カレイ狙いで来たが、いずれもカレイは上がっている実績のあるポイントだ。

速攻で3本投げ終えアタリを待つ。

DSCF7209.jpg


ワクワクの始まりだね〜(*^_^*)

10分ほど経過して様子を見るが軽い・・・(-_-)

そして回収。
3本ともにエサが完全なままで上がってきた。
軽く不安がよぎるが気にせず投げ返す。

この行為を繰り返して昼を迎えた。
弁当食べて午後の部の再開!

そして15時。
身も心も寒いので納竿。
エサ取りすら居ない完全試合での完敗。
過去にここまでひどい釣りがあっただろうか・・・

先週の地震のせいだな・・・きっと。

スポンサーサイト